初めてのユーザ定義リテラル

C++11からおもしろい機能が入ってた。

リテラルのサフィックスをユーザが指定できる。

#include <iostream>

unsigned long long int operator””_km(unsigned long long int meter) {

return meter * 1000;

}

int main() {

int distance = 1_km;
std::cout << “distance:[” << distance << “]” << std::endl;

return 0;

}

演算子のオーバーロードの要領で、「『””』+『なんとか』」を作ると、「なんとか」を初期化で使える。

「なんとか」は、アンダーバーで始めなければならないらしいけど、可読性は上がるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です